資金上限を9,999,999,999Gまで上げてほしい

要約

現在、資金の最大値は999,999,999Gですが、これを1桁上げて9,999,999,999Gに。
99億9999万9999Gまでにしてほしい。

理由

ゲームプレイのモチベーション維持。
資金を貯めこみ、毎日少しずつ増えていく資金を眺めてはニマニマする、そんな守銭奴プレイのモチベーションを維持するために資金上限を増やしてほしいです。

labyrinth様という方がいました。
元祖SOでは、資金ランキング1位で老舗ランキングは2位、SO2もプレイされていました方です。
元祖SOで40億貯めて資金カンストして…そして
最後に、資金上限の拡大を希望して元祖SOを引退されました。
SO2もやめてしまわれたようです。
直接本人から聞いたわけではありませんから、なぜSOをやめてしまったのかはわかりませんけれど、プレイを続けるモチベーションの多くが資金カンストにより失われてしまったのだと私には思えました。
現在、元祖SOで資金1位の内藤の店ryouka様も、広域掲示板の方で資金上限拡大を訴えています。
また、私、七草も元祖ミミ街の七草カンパニーが昨年8月に資金カンストしたところで、やはり店舗維持のモチベーションの低下を実感しました。

SO2では、ゲーム開始からまだ4年ほどしか経過しておりませんが
既に資金カンストした方、カンストに近い方が相当いらっしゃいます。
資金ランキング 08月08日 22:01更新 - SOLDOUT2 セクレタリ (secretary.tokyo)

もちろん、元祖と違ってSO2には職業レベルを上げていくという楽しみ方もありますから、資金をため込む以外のところに楽しみを見だすことは可能なのですが、それでも資金カンストした場合のモチベーション低下は生じることと思われます。

1日1万Gの利益がでたら十分なんじゃないかな

という時代は過去のものとなり、インフレが拡大し続ける現状において、資金上限も当初の想定とは変わってきているのではないでしょうか。

資金上限拡大の要望は
資金1,000,000,000G以上の実装について
で既に出ているところではありますが、改めて要望いたします。

6 Likes

私は以前と少し意見が変わり、資金上限拡大は慎重派になりました!

1.禁断の書の弱体化とセットであれば賛成
禁断の書の作業成功で、とても大きく税率が下がります。弱体化しないと、資金上限拡大後もモチベーションを維持できないプレイヤーが出てきます。

2.多数のレシピ開発者の悲劇
資金上限制限があり、多額のGを投じてレシピ開発券を手に入れレシピを開発された方々がいます。
資金上限拡大は、そんな方々の努力を水の泡にする残酷な変更にもなりますので、そんな方々がSOLDOUT2をやめてしまうかもしれません。

3.島の経済の後退
資金上限があるから、預金ではなく物を買うことにシフトしていて・・・
と書こうとしましたが、スピポや優待券による資産形成があるのであまり関係ありませんね。

そんな訳で私は資金上限拡大は慎重派になりました!

1 Likes

個人的にはお金稼ぎに必死になっているプレイヤーでは無いのでどちらでも良い派です。

ただ、最近インフレしてきて大味になっていたり、桁が増えて取引がめんどくさくなっているので、一律に所持金を十分の一にして内部価値も10倍にしてほしい、、、かもしれない。

溜め込みたい人も十倍溜め込めるようになるはず。

価値は変わらなくても喪失感や詐欺の横行とかがある可能性があるので、実施するなら事前の告知が大事かと思います。

追記:
井戸端で話したので省略してしまいましたが、上限拡大には技術的な問題がある可能性があるので、価値引き上げを提案しました

お金をこれ以上貯められなくてモチベが下がる、のでしたらまずは上限解放より消費先の開発ですかね…?

カンスト状態で申請すると、全ゴールドと引き換えに長者の証カウントが増える、みたいな方法があるかも
(病課金者が島中のカネを吸い上げるプレイが始まるかもしれない)

1 Likes

実際インフレによってGの所持上限がかなり窮屈になってきているので、何らかの対処は必要ですね。

解決手段としてはデノミネーションで通貨の桁を一桁下げても一緒ではあります。
ただ、桁は下げるより上げたほうがゲーム的に楽しくなると思うので、可能なら資金上限の解放のほうが良いとは思います。
喜ぶ人はいても困る人はいないであろう要望ですし、MU様には善処して欲しいですね。

井戸端の方でも少し発言しましたが、単純に上限を上げるのはレシピ券などのアイテムの存在意義をあやふやにさせるもので、あまり賛成はできません。

問題の解決としては、暦見さんの言うように、「全額を消費させ、その回数を数える」とした方がいいと思います
いくらインフレが進んでいようと上限まで稼ぐのは骨が折れることですし、亡者たちが競い合ってゴールドを吸い尽くして消費してくれるのなら、それはそれで別の慢性的な問題であるインフレが改善されるわけで悪くはないですしね

2 Likes

レシピ開発券の存在意義というかレシピ所有数の実質的な制限について特に言及されたものでしかなく推察するしかありませんが
それはそれとしてレシピ開発券の利用経験者の一人として現状5つのレシピを所有するユーザーの立場で資金上限の拡大には諸手を掲げて大いに賛同したいところです。
・・・レシピ説明文の変更だけで1億もの費用が掛かるの正直キツいんですよね、本当に単なる私情でしかないんですが、おサイフ上限増えてもっと金回り良くなったらレシピ紹介文とかコロコロ変えられるのになぁ、なんて思ったりするのですよ
レシピ開発券の相対的な価値が毀損される云々でやる気無くす方が出るのでは?という疑問への回答という訳ではありませんが・・・

1 Likes

なるほどです。
実際にレシピを沢山持っている方からの意見はとても参考になります。

ありがとうございます!

1 Likes

これは非常に個人的な意見でありますが、増えていくお金が見たいので、減らしたくはないんですよね
暦堂氏のカウント案も魅力的ではありますが、貯めたGを消したくはない やはり上限そのものを解放してほしい(゚Д゚)
まあ当店は資金カンストまでしばらくかかりそうですが、実際にカンストしたらモチベもどうなるかわからんですし

技術的な問題と言うなら……仕方ないかな

1 Likes

貯金箱みたいなシステムはどうでしょうか。
財布の上限をそのままにできると思います。
好きなときに出し入れできて、手数料とかは無しで。
脱税対策には、決算時の税金を貯金箱から優先的に差し引くとか。

めっちゃ偏見ですが、
お金を貯めたい人って貯める(貯まる)ことに喜びや楽しみを感じる人でしょうから
お金の使い先をいくら増やしても使わないよね、と思います。

1 Likes

老害おじさんだからいっそ

1日1万Gの利益がでたら十分なんじゃないかな

の時代に戻れば解決するじゃんって思っちゃいましたね。具体的な方法は知らない。

上記を書いてから思いついたから追記

基準の税率を所持金額で上げていくのもいいんじゃないかな。
1億超えたら10%じゃなくて20%にするとかそんな感じ。

まあレベリングに価値を見出している人間なのでお金持ちの思想はわからんけど。

更に追記

いやもうちゃんとまとまってから書けよって話でほんとすみませんですけど。

名声って今革命とかだけだけど、あそこに寄付って項目増やして億単位とかで街に寄付したら革命とかと同等の効果と名声を得られるようにするとか消費先としてあってもいいのかなと。
まあ貯めたい人には意味ないんだろうけど。お金持ちの思想はほんとにわからん。

多分もう思いつかないはず。。。

1 Likes

すみませんが、資金上限を上げるとレシピ開発券の意味が薄くなる、という意見の意味がよく分からなかったのでどなたか解説いただけませんでしょうか(‘ω’)

(そもそも資金で払うよりも開発券使う方が安上がりかつ、溜め込むのが好きな人はそもそも法外なコストがかかるレシピ作成はしないだろうと思われるので上限上げても開発券の価値は下がらないのでは?と思ったゆえ。)

(桁をずらすデフレは気軽にレシピ開発出来なくなり楽しさが減るので反対派)

私が一桁勘違いしていました。
レシピ開発券の方が安上がりですね!

失礼しました。

資金上限が上がると5つ目以降のレシピが作りやすくなるので、
「レシピ保持数の名誉」という点ではその価値が下がりますし
同じぐらいの名誉を得ようと思うと7つめ8つめとなりますから、そこの難易度が上がるかと思います。
現状だと6つ目のレシピを作るには札束で殴っても引換券を集めるのが結構大変かと思いますので、
名誉を誇りに思われている方がどう思うか、でしょうか。

※以下、訂正いたします。

現状
6つ目:開発券91枚は必要
引換券換算で455,000枚、8月14日レートで7,507.5MG
優待券84枚ぐらい(90M換算)+引換券を集める労力

上限修正
6つ目:開発券1枚
Gをすべて優待券で補ったとして112枚ぐらい

編集内容
開発券への交換が引換券10,000枚と勘違いしていた為、
内容を編集しました。ご指摘ありがとうございます。

ちょっと確認ですが、

6つ目レシピを作る場合、
かかる費用は100憶G。
レシピ開発券は1枚につき1億の値引き効果。
引換券は5,000枚でレシピ開発券1枚となる。
を前提に、

【現状】
資金上限9億9999万9999G
よって綺麗に処理するには資金9億を使うとして、
残りのレシピ開発券の必要枚数が
9,100,000,000/100,000,000=91枚

レシピ開発券1枚に付き引換券が5000枚で1枚16,500Gだから
91×5,000×16,500=7,507,500,000G

よって資金と開発券に係る金額は合計で
8,407,500,000G

【上限を99憶9999万9999Gに開放した場合】

資金で99憶を処理するとして残り1憶をレシピ開発券1枚で補うとして

1×5,000×16,500=82,500,000G

よって合計額は9,982,500,000G

そうすると2つの方法の差額は1,575,000,000Gで、引換券を使う今のやり方の方が15憶Gほど安いと思うんですよね。
そうした時に上限解放した方がレシピを作りやすくなるからレシピ開発名誉の価値が下がると言われると「???」になるのが私の疑問です。元々、資金を使う開発より難易度は低いのです。

(しゃかりきミオさんの計算は、レシピ開発券を引換券1万枚交換で計算していませんか?)

あと、Gを多額に使う方法では、
①その金額に到達するまで資金を貯めるために膨大な事業税が差し引かれ、トータル額が高くなること。
②短期間に高額金券でその資金を稼ごうとする場合、間違いなく注文枯渇を起こし、余計な金券消費が増える。

という問題があるので、出来る限り事業税を抑え、稼いだ金を開発費にかけるためには現実的な意味でも前者の方が作りやすい、というのは変わらないような気がします。

個人的にはレシピ開発の難易度が下がる事にはならないと思われるので、普通にお金を貯め込むのを楽しむ人向けに、上限上げても良いんじゃないかなという考えです(‘ω’)

1 Likes

ご指摘ありがとうございます。
引換券10,000枚=開発券1枚と勘違いしておりました。

名誉の価値のお話ですが、
私個人の価値観で、引換券を45万枚以上集めるということは非常にすごい、価値のあることだと思っております。
金額ベースで考えますと歯車さんがおしゃられているように、現状のほうが安く開発難易度は低く見えるのですが、
引換券を集めることが必須ですので、それの有る無しで名誉の価値が上下すると思い少し前のカキコの表現になっております。

6つ目のレシピを持つことは上限が上がろうが大変なことなんですが、
上限が上がって優待券を捌くだけで済むなら楽だなと思ったのです。
(重課金しない方にとっては雲の上のお話かもしれません)

また、
①は棚貯金で回避できます。
②は現状でも同じで、引換券を買うために優待券を売り続けると、
優待券の価値は下がり引換券の価値は上がっていきます。結果、トータル金額が高くなると想定できます。

書き込んでてなんかズレてる事言ってるなあと思いましたが、
有事の際は札束で殴る店主の一意見として見て頂ければ幸いです。

1 Likes

やっとレシピ開発の難易度が下がる、の意味が理解出来ました。ありがとうございます。

私の難易度判定の基準は「費用トータル額」でありましたが、優待券を100枚単位で売って棚貯金を作る人にとっては、「手軽さ・早さ」の面で考えると確かに上限額が上がった方が楽にレシピ作成しやすくなりますね(‘Д’)
(本来時間・労力・協力が膨大に必要なものをリアルマネーパワーをゴリゴリ投入して短縮、周りを引き離して偉業達成!はこれまでも大型イベントで普通にあったこと、それ相応の対価を払っていること、かつ市場に優待券が潤うので、全く関係のない一般プレイヤーの自分としては敷居が下がることを大歓迎しておりますが、地道にやってた人やそれを応援していた周囲の人はゲームに萎えてしまったり、「次」を達成するためにより大変になるかも知れませんね)

1 Likes

でもそれを踏まえたとしても「重課金者のせいで萎える」論は今さら過ぎでやっぱ個人としては上限解放は賛成かな:crazy_face:

まあ、結論ついてるみたいなので今更感はありますが…
多数のレシピ開発に「レシピ券が絶対必要」な現状と、多少コストがかかっても「レシピ券無視できる」資金上限が上がった後の世界ではレシピ券の存在意義が問われるのは必然なんですよね

レシピ券とは実質的には引換券を指すわけですが、引換券が現実的に取引されてる数も考慮に入れればやはり複数レシピ所持に対する難度は下がるのは必定でしょうね
その点で、レシピ券(及び資金上限)はレシピ開発に一定の制限を加えてるとも解釈できます
そのおかげで、レシピが濫用されることなく適度なレシピ環境が整えられてる、と私は解しています

もうここから先はレシピの是非を問う話になってしまい本質でなくなるのですが、その点で私は上限引き上げに積極的に賛成を上げる立場にはなれません

1 Likes

レシピ論について話すなら、全力で自分も脱線雑談すると、私はもっと色んな人の作成するレシピを見たいし、1つ作るごとに桁が増える現状、これ以上ない程の抑止力があると考えています。
だからもしレシピの開発緩和に繋がるのであれば、その点からも上限解放して欲しいなぁと思ってしまいます。
本当は開発費そのものが落ちて欲しいんですがそれは流石に今からじゃ無理だと分かっています。

上限99憶9999万9999Gになってレシピ作りやすくなりました!と言って、本来ゲーム内マネー数百万Gで同じレシピを作れるのをゲーム内100憶G・リアルマネー換算12万円相当かけて開発する人は一般的にはそこまでいないのではないかと、私は思います。最初の1人なら王国年表に載るかもしれませんが、その後は一切記録残らないと思いますし。
少なくとも、レシピが氾濫するという事態にはならないと思うのです。精々、数個増える位ではないかと。(現在のレシピの数が2,460個、公式品の数が476個、既に5.16倍ありますが、これが既に濫用していると見なすか見なさないかは人次第、でしょうか。)

逆にそれでレシピが氾濫するくらい100憶G分の優待券を売っぱらってくれる人が沢山いるならすごく嬉しいんですが!嬉しいんですが!:crazy_face: 安値の優待券!MUさんも焼肉食える!

恐らく重課金でない大多数の人は、今後も数年かけて粛々と引換券集めてレシピ開発券に頼り続けるしかないと思いますし、そもそも大多数の人にとっての現実的なレシピ数は4つまであることに変わりはなく、そしてそれを開発する上では安上がりにでき、事業税節税も出来るレシピ開発券(引換券)はたとえ資金上限が上がったとしても需要がある(存在意義がなくなることにはならない)と私は思っています。私も恐らく資金上限が上がってもレシピ開発券を普通に使うと思います。安いし。

多分永遠に平行線の話に飛んでくと思うのでここは話すべきではないと思ってはいますが、一応そういう考えの人もいますということで。

資金上限を超えてもっとお金を貯めたい人、6つ目レシピを目指している人の当事者の声が気になるところですねぇ。(脱線したので後の方々主題に戻すの頑張ってください)