【調整案】店舗によって輸送範囲を制限してみませんか。

要約

輸送店舗の強みをより活かすために『輸送可能範囲』システムを設けて、島の端から端まで輸送できる現状に制限を加える。

理由

輸送特化店舗というものがあります。
『便利屋』『運送屋』などがそれにあたりますが、これらの店舗人口は非常に少ない現状があります。

なぜなら、現実のスーパーが『入荷の手間を省く』『幅広く商品を置いている』ことを強みにしているのに対し、SOLDOUT2では【仕入れ】タブを開けば、簡単に全国の商品を注文出来てしまうため、『入荷の手間を省く』面でしかアプローチできないからです。

野菜や肉などの必需品を、相場どうりかつ新鮮な状態でAmaz〇nから注文出来れば、もうスーパーは要りませんよね。

ならば、SOLDOUT2で輸送店舗を輝かすにはどうすればいいのか?
それを解決するのが『輸送可能範囲』の制限です。

例えば、[便利屋・運送屋などは全ての街の商品を購入できるのに対し、アトリエ・山小屋などの通常作業店舗は輸送が12時間の範囲までしか入荷できない。]

このような制限を持たせることで、各町から商品を取り寄せできる輸送屋の意義が高まると思います。
それと同時に、街どうしの関係をよりローカルにすることができ、「セールなどのイベント時にわざわざ引越しを行う等」で流動性が生まれます。
原料が多く取れる街では、よりその『特産品』感が増すことでしょう。

もちろん、これはプレイヤーに対してはデメリットでしかありません。ですが、よりローカルで奥の深いゲーム体験を味あうなら必要な“制限”であるとも思います。

何より個人的にはそっちのほうが面白そうな気がします。皆さんはどうでしょうか?

「いいね!」 2

どうでしょうか?ということなので!

現状の仕様やルールから大きく制限や変更を設けるよりも、
各特化店舗にユニークな長所を新たに設けたり、アイテムの売り買いが楽しくなるような調整のほうがワクワクするかな。
たとえば、輸送まわりをテコ入れするなら、「取扱が難しい」というフレーバーの商品として、
業種レベルによって売買に何かしらの制限のあるアイテムを新規追加するとか(職種レベルで作業が上手になるなら、業種レベルで輸送や販売がより上手になるのは自然だし、楽しそうです)、
輸送特化への注文納品では販売税が安くなるとか、ポイントの減算が甘くなる、同一業者への複数納品可みたいな、買い付けまわりに強みを与えてあげるか?

個人的には輸送特化って現状かなりハイスペックだから、単純に強化したり相対的に他を弱くするより、
プレイングが楽しくなるような調整がいいなぁ。

……と、オパール在住(一身上の都合により改装できず、輸送に特化できない)駆け出し店舗のわたしはおもうのでした。
現状オパールだと輸送特化できたらさぞかし快適だろうなと試算しているので、
離島をもっと増やして、本土からお店が移住していけば本土に居ながらにして輸送特化したいひとも増えるかもですね。
以上妄想でした!

「いいね!」 1

コメントありがとうございます!
弱体化ではなく強化で改良するのは、昨今よくある調整パターンなので確かにそうだと思いました。

特に離島を増やすことで輸送の需要を高めるというアイデアは凄くいいですね。
その離島でしか手に入らない特産品(たまごとか)を用意したりすれば、それを本島まで買い付ける役回りの需要も高そうです。

ただ、根本的には、
よりたくさん販売したい、よりたくさん作業したい、、等に比べて、
より早く、よりたくさん輸送したいと思えるような仕組みがやはりゲーム内で見出されていないなと感じます。
ここが改善されないと仮に輸送範囲に制限等与えるとか、輸送にでも特化しないと仕入れが忙しすぎる作業が追加されようが、すすんで輸送を行いたいと思える動機には現状あんまりならないかもなぁと思ってます。
欲しいものが売ってるのに買えない!じゃあ島の中央に引っ越せばよくない?とかじゃあ自分で作っちゃえばよくない?とかじゃあ買える範囲で一番安いやつを買えばよくない?になっちゃいそう。
(これはこれで戦略性が生まれて面白いかもしれませんが、輸送特化とはあまり関係ないかも)

昔の要望にも似たようなのが結構ある中、輸送まわりはあまり大きな変更がなかったので望み薄そうですねぇ。
サービス開始後からルール変更があったの、注文回数と輸送破棄くらいでしょうか。