新しい職種の追加をして欲しいです

要約

新しい職種を追加して欲しいです

理由

so2は、かけた時間=レベル なので新規の方は古参の方には追いつけません。

しかし、新しい職種が出来たら、その職種に関しては新規も古参も、同じスタートラインからのスタートになります。

なので、新しい職種が出来たら、新規の人のモチベーションupに繋がると思います。

また、古参の方はほとんどの業種職種をある程度のレベルまであげていると思うので、古参の方にも、良い刺激になると思います。

追記

「新しい職種」という漠然としたものだけでは難しいと思うので、新しい職種を思いついたら、投稿します。

皆さんも思いついたのを投稿したり、その案への意見をどしどしくれると嬉しいです。

7 Likes

陶芸家

作業が「作家・細工師」に分類されている壺・招き猫など結局焼き物系で使えたりするのでは?と思って提案します。(実は言ってることが細工師と同じだったり?)

ただ、今まで積み重ねたことが1からのやり直しになる点は考慮しないといけませんが、、、

1 Likes

祈祷師
作業:お祈り
成果:御札
他職種の作業に「本来の材料+御札」の作業を作り、その作業は本来の作業より成果量が多くなる
釣りでヌシが釣れやすくなったり、鉱夫で宝石が取れやすくなったりでも良いかも

御札だけで無く、各作業の種類に合わせて、
・御札
・塩
など種類がもっとあった方が良いかも

ネタ枠で「お祈りの手紙を書く」があると面白いと思います

あと「壺を割る」っていう作業があったと思いますが、ゲームで勇者が割る壺と比べてあまりいいものが出てこなかったと記憶しています。
「壺を祝福する」などの作業をすると「怪しい壺」が出来て「怪しい壺を割る」と中から通常より少しいい物が確率で出るようになったら、面白いかも知れません。
住人からすると、怪しい占い師に売りつけられる感じで面白いですし。

追記
「壺を投げ割る」でしたね。
私が最初に作業名を聞いてイメージしたのが勇者が割る壺だったのですが、説明文を見るに、壺の出来に納得行かない陶芸家が割る感じですかね?
壺を割るとアイテムが出てくるのはちょっと違うのかな?
でも「持ってるだけで幸せになる幸運の壺」は個人的にありだと思います

陶芸家

そうする場合は新職種「陶芸家」が追加された時、作家と細工師のレベルを平均したのを陶芸家のレベルにすると良いかも知れませんね

ペット屋的な何か
犬や猫などペットに相応しい動物はいるが、住人が買える値段では無いため
また、住人の移動手段として、馬や飛竜などがあっても良いと思う
ペット用のエサや鞍などペット用品なども

派遣屋
人材派遣的なことをする職業
作業内容「各種族(スライム、ゴブリン、オーク、住人など)の人にお手伝いを頼む」
成果「各種族の手伝い(人手?)」
単位「人、人手、人力」

宝石屋

とはいっても、この世界では宝石は売れないっぽいからあまり意味がないけど、エメラルドとか「資材屋」より魅力があるのでは?と思った。

1 Likes

吟遊詩人
はいかがでしょう?
吟遊詩人は詩歌を歌い楽器を奏で物語を紡ぐ職業です。

ゲーム的に実装されていませんが、過去に2度ほどトパ街のセールに現れてムートイズ島にまつわる物語を投下し、物語に関連した品物を相場より高値で販売して稼ぎを得ることに成功しています。
https://soldout2.secretary.tokyo/articles/2257dab6e773877
https://soldout2.secretary.tokyo/articles/225e8a0941ac0a3

2 Likes

【質問】
この世界の住人の職業はどうなっているのだと思いますか?
・住人達にも住人達でプレイヤーより狭い範囲での売り買いをしており、お店等も存在する
・お店はプレイヤーしか無く、住人は毎日ベーシックインカムを貰っており、お店で物をかったり、お喋りしたりして一生を過ごす
・他

吟遊詩人
良いですね!
作業:詩を歌う
成果:一定時間棚の商品が住人に売れやすくなる
とかになるのかな?
詩の種類によって影響の出る住人が変わって、「恋の詩」ならお姉さんに、「冒険の詩」なら男の子に、みたいになると面白いですね

魔法使い
錬金術と違って魔法ほ唱えるとかの作業を追加して欲しいです!(抽象的)

1 Likes

私も新しい職種賛成です!
ただ「レシピ品を追加された職種に変更したい」という不満が出てくると思うのですが、そのあたりはどうなのでしょうか?

レシピ機能開始時期や、新職種・業種追加などの歴史を調べたところはっきりとは分からなかったのですが、2018年4月の技術力調査に花屋が無かったため「花屋」はそれ以降に追加されたらしく、またレシピ品は少なくとも同年の2月には本格始動していたみたいです。
なのでおそらく長くやってらっしゃる方はすでに経験していると思うのですがその時、混乱などはなかったのでしょうか?

私も新しい職種はワクワクしますし、多少のデメリットは仕方ないと思うのですが、誰がどんなデメリットを被るのかは知って(あるいは考えて)おきたいなと思って。

(アイデアとかじゃなくてすみません!既出以上の案は浮かびませんでした(汗))

この世界の住人の職業はどうなっているのだと思いますか?

wikiの「用語集(スラング)」→「 NPC 」の中に、
“住民はどこかで働いていて、妖精さんはそこで買い物をする”旨の記述がありました。なので前者の方……?
住民の生活はほんと謎ですよね……

2 Likes

新しい職種や業種が公開された時の「既存のレシピ品をそのまま新しい職種・業種に変更したい」という意見はありましたが、実質的には「作り直せ」が回答でしたね。(そう回答が公式からあった訳ではないですが、変更可能になる仕組みは実装されなかった、という意味です。)

1 Likes

さっそくお答えが!ありがとうございます!
私もたぶんそうかなとは思ったのですが(現在、職種・業種を変更できない仕様なので)、なんというか……言い方悪いですが「どれくらい揉めたんだろう?」と。

私は追加に賛成派ですが、もし以前にかなり揉めたのだとしたら、そこを乗り越えないと現実味を帯びてこないのではないかと思ったので。
なんか余計な心配だったらすみません( ˃ ˂ ;

1 Likes

職種・業種の追加に関しては全然揉めなかった印象です。むしろ新しい職種・業種が追加される喜びや、一番乗りでレベルを上げようという意気込みを持たれた方が多かった印象です。

これまでの経験則ですが、
あまり心配は無くても大丈夫だと思います。

1 Likes

そうなんですね!ありがとうございます!
( ´꒳`).。oO(余計な心配だったかあ……)

それならそろそろ職種・業種の追加もあり得ますね。
私もなにか具体的な案を考えたいと思いますm(_ _)m

1 Likes

蛇足かも知れませんが…
レシピの売れ行きや成果物の内包する価値はレシピ作成時の業種職種レベルにも影響されるという説があったと思います。
なので、仮に職種の変更が可能になったとしても、職種レベル1で作ったレシピになり、売れ行きや内包価値が下がるかも知れませんね。
結局、新職種のレベルを上げてから、自分でレシピを作りなおすことになると思います。

いえ、ありがとうございます。不安要素を潰しておくのは大事だと思うので全然、蛇足じゃありません。
それに作成時のレベルのことは忘れていました。
そこを考えるとますます作り直しが最善策となるので結果的に、さらにデメリットよりも新しい職種を歓迎する理由になりますね!

私もぜひ新職種、実現してほしいので、中途半端ですが思い付いた案を投稿しておきますm(_ _)m

1 Likes

教育や医療が足りないけどこれが住民職なのかも
それに宗教関連もそうかもしれない
……などと考えていて投稿できるアイデアがなくなりそうなので、現時点で思い付いたことを書いておきます。まとまってなくてすみません(- -;

医者

中世ヨーロッパでは(といってもいつ頃か分からないけど)医療の担い手は床屋、風呂屋、修道院、旅人まで多岐に渡っていたようで、それに沿うとひとつの職業として扱うのも難しい可能性が。
実現困難かもしれませんが、ロマンを感じるので挙げておきます。

教育者(技術を売る人)もいいなと思いましたが「目利きの真髄」「鍛冶屋の技術」などがすでにその役割をしてました……

画家

画家や画材屋なんかの絵画関係がないけど、作家に分類でしょうか?(細工師+作家の作業があることを考えると芸術家≒作家?)
肖像画や記録のために需要ありそうと思います(が、作家の作業追加で事足りる気も……)

魔物使い

も考えたけど、「派遣屋」が既出でした。

1 Likes