材料過多の50回作業


(にゅんにゅん) #1

要約

全ての作業を50回でできるようにして欲しい

理由

50回で作業を入れたいけれど
材料(や道具)が倉庫枠以上になって出来ない物もある。(もちぃや七面鳥等)
例えば保管庫からも使用できるように等、50回で作業ができるように(作業枠を分割しないで済むように)して欲しい。


(アトリエシャルル) #2

店舗の種類によって倉庫はどの種類でも50枠。対して、保管庫は種類毎に異なります。また、保管庫は直接作業ができません。
これら制限があるからこそ「どの店舗にしようかな」って楽しみが生まれるんだと思うんです。

私はとりあえず50回教徒なので、にゅんにゅんさんの提案は魅力的ではありますが、既存のルールのままの方がいいなって思います!


(懐中時計) #3

裏技的ではありますが、倉庫が超過しても販売棚からは倉庫に戻せることを利用して、七面鳥等も一応無理矢理50連入れることはできます。


(氷鳥IceBird@満開勇者) #4

例えばパプリカマンの看板大量(50消費)、村正大量とするとそれだけで100枠必要になるので、そういうレシピは作れませんみたいな制限があってもいいかもしれませんね。


(tonberry) #5

それでいうと、現在はレシピを作る時に指定した材料を一つづつ持っていれば作成できますが、
これを一回作る材料が倉庫にある条件に変更すればできそうですね。


(ヤドリギ) #6

今回この案が出たのは本気オーガがわんこ、村正(共に1つで1s)を使い、販売棚を利用しても50回作業出来ない初の公式作業(以前にも有ったら教えてください)が出来たからかな?と思っています。


(K_K) #7

お守りヴァンプがかなり苦しいですね

弐式鯉さんのツイート
↑によると71枠必要です
色ポ作成作業の開封と販売枠を使えばもしかするとできるのかも…?


(にゅんにゅん) #8

改めまして、
公式品の作業は50回まで出来るようにして欲しいです。
(レシピに関しましては、各プレイヤーさん方の意図よりも神様の用意した仕様が優先で仕方ないとは思いますので
今回はそちらの話には触れません)

作業枠数も店舗形態という形で選べるとは言え、材料が多すぎる作業をしたいが為に他作業よりも作業枠を消費していくのであれば
せっかくのイベントを分かっていても準備するモチベーションが下がってしまい、面白みが減ってしまうと思うのです。

というか、公式作業なのに特定作業だけ50回出来ないのに違和感があるのです。


(ねっぷ工房@ミミ星人街) #9

公式作業にそのようなルール(50回作業で使うアイテムを50s以内に収める)をつけると今後追加される作業に制限ができて魅力がなるなる、言い過ぎかもしれませんがSO2の世界観を損なう可能性があると思います。まあ50連したい気持ちとMAX回数が理論上不可なのに違和感もわかりますけどね〜


(甘くてクリーミー) #10

ゲーム的な部分では、工夫してある程度どうにかできる不便さみたいなものはあるほうが楽しいんじゃないかなぁと思っているせいかもしれませんが、
オーガ作業などがMAXで何回作業入れられるのか分かっていないのですが、50回分の作業を入れようとすれば倉庫保管庫のやりくりが必要で、作業枠も2つ以上使う必要がある、というのは、新しい難易度の形と考えても良いのではないかな~と思いました。
ただの感想ですみません。


(にゅんにゅん) #11

画面が戻らない…?


(にゅんにゅん) #12

実は私も作業した事がないのですが←
作業の1部のみが、50回まで入れられない事に対しての忌避感が強いです。

自分自身がよろづ屋として色々な職種でのレベリングをしているため、未経験の作業の方が多いです。
だからこそ、その職種を専門としている方には分かっている「50回はむり!」と言うものを
新しくその作業をやってみようと思うプレイヤーにも「無理!」がわかるようにして貰えたらなぁ…と思います。
その為に50回で出来るようにor後からでも作業回数を追加できるとか、何かしらの対策というか…そういったものがあればなぁと思いました。回数に対しては作業時間が対価になっているのだし、無駄に予約枠を使いたくないのもあります。

せっかくいろいろできるゲームだからいろいろやってみたい。
でも、逐一確認しないといけない、(そういう作業もあるのだから)やってみたいけど調べてからにしておこうっていうのは手間が増えて面白みが薄まると思うのです。

無理なら無理とわかるように、という所までが要望として上げたいです。


(Seli-mart) #13

優待券50連とか出来るようになったら絵面が面白そう。ほっとんど無駄になるけど。

というか
作業に必要な材料に、そのスタック数や必要数等はゲーム内で明示されてるんだし、50回に合わせてやればちゃんと必要数出てくるんだから足し算位は出来るっしょ。
新しくやろうとする人だったとしても、材料も知らずに作業をやるのは無理だし、未知の材料があったとしても不足材料として明示される。そうして手に入れようとして仕入れ画面や注文画面にとべば50回分でどのくらいの倉庫を使うか計算できる材料が揃ってる。実際、ウチもエクスカリバー製造50連の問題点をそこで気づいてるし。

1気に50回の作業入れるのは認められた行為だとは思うけど、保証された行為では無いんじゃないかなって思いましたまる


(アトリエシャルル) #14

にゅんにゅんさんの
・公式作業が50回できないのは忌避感がある。
・プレイヤーに50回は無理とわかるように。
・常に50回できるか調べないといけない。
この辺りは全く同感できません。

50回作業ができるものにしても、倉庫2枠あればできるものと倉庫25枠以上使うものでは全く難易度が異なります。なのでたまたま今回は難易度が高すぎて、50回できないなーくらいの気持ちです。
また、最初から50回作業はせず中途半端な回数作業するうちに、倉庫の空きがこのくらい必要ってわかっていくのが、私にとっては楽しいです。

だから、改めて現行のままがいいなって思います!

ただし、あくまで私一プレイヤーの意見です。色んな意見があるべきだし、にゅんにゅんさんの意見も大事な意見だと思います!


(ライター) #15

50回作業できない事への違和感自体はなんとなくわかります。
一方で、50回作業できるようにする事は反対いたします。

理由としてはスタック数の少ない商品の価格が暴騰するのではないかと考えている為です。
現状、50回も作業を入れられないような作業に使用するアイテムは、概ね入手に時間かかる上低スタックのものが多いと思われます。そうした商品は50回作業を入れられない最大の要因である倉庫の圧迫の為か、入手難易度の割には比較的安値で取引されているように感じています。
50回作業を入れられるというのはどういう方法であれ、この「倉庫の圧迫」という欠点を克服した状態になる為、需要が上がり市場価格が暴騰するのではないかと考えています。
…そうなれば資金力の低いプレイヤーは手が出せなくなってしまうでしょう。50回作業を入れられるどころか今までは20回、30回程度入れていた作業ですら出来なくなってしまうかもしれないのです。

また、にゅんさんは手間が増えて面白味が薄まる、と仰っていましたが私個人は便利すぎるのも面白味を感じられないように思います。普通のRPG等であれば話は違いますが、これは商売ゲームです。なのでそうした「倉庫の整理」や「作業計画」含めてゲームのメイン要素と考えています。そこを削ってしまうのはRPGで言えば「ボスを倒しやすいように弱体化しました!」と言っているようなものに感じてしますのです。

追記:ただ、倉庫特化店舗で「倉庫から作業が可能!」とか輸送特化店舗で「足りない分は自動で市場の最安値を買って補充!」とかゲームに絡めた機能が追加されるのであれば個人的には良いかなと思いました。