人口流出の歯止め政策にメスが入ります


(管理人(MU)) #1

これまで公にはされていませんでしたが、建国当初からそれぞれの街に対して王国による「人口流出」の歯止め政策が行われており、街に滞在する住民へ保護(慰留)支援が実施されています。

今回、その歯止め政策について追跡調査が行われました。その結果、過度に支援が実施されているケースが発覚し、公平性の観点から歯止め政策にメスが入ることとなりました。

今後、歯止め政策の対象となる住民の再審査が行われ、対象外となる住民に対しては保護(慰留)支援を打ち切ることになる見込みです。再審査はある程度の期間をかけて段階的に行われますが、先ほど最初の審査が開始されました。

MUTOYS王国にて商売をされているオーナーのみなさまにも多大なる影響が及ぶと予想されています。どうぞご了承くださいませ。


(管理人(MU)) #2

(管理人(MU)) #3

(管理人(MU)) #4

その後、歯止め政策の対象となる住民の再審査を継続しており、徐々にですが正常な保護(慰留)支援になりつつあります。

ただし、人口が多い街ではその再審査数が膨大となっており、審査が滞っている面があります。担当人員の増強を行い迅速に審査を行うことも検討されていますが、審査が及ぼす街への影響も強くなるため、慎重派からは急激な変化は好ましくないという声も挙がっている状況です。

いずれにしましても、歯止め政策の抜本的見直しについては完了しましたことを宣言いたします。今後は、再審査の滞りをどのように解消していくか、といった面での検討が行われるでしょう。